30代40代のニートや夢半ばで敗れ、また変わらぬ現状に消沈している人々が多い世の中、そんな彼らを目にし接することが多くなり『同世代の息を吹き返して共に盛り上げていきたい』という思いをu-ta§69は秘めていた。
そんな時、30代に突入し更なる飛躍と野望を持っていたKENと、元々u-ta§69の仲間で兄貴的存在のJUN-Zを酒の席で引き合わせ、3人は意気投合する。

クラブシーンやライブハウスで、ひとつのプロジェクトとしてやろうと発起したのがきっかけだったが、u-ta§69が元々抱いていた『同年代の息を吹き返して共に盛り上げていきたい』を実現すべく、説得力のある仲間達や同世代を生きてきたみんなに声をかけることとなる。

u-ta§69がバンド時代に出会った、ISAKICKとAKIHIKOとDuttch、さらにKENと公私共に仲良くしていた、TAKASHIをトラックメーカーに迎え、同世代に活と愛を持って刻を生き、スタートさせることとなった。

30歳以上のメンバーで構成。 『完成された』という意味と、『無限に完成されていく』という意味を込めて名がついた。